ビーナスラインを走ろうラン!(名古屋大学合同ラン)

ビーナスラインを走ろうラン!(名古屋大学合同ラン)

期日:5/4.5.6

参加者:SUCC14人、NUCC9人

image24

毎年恒例になりつつあるゴールデンウィークの名大との合同ラン。

今年は大町から始まり、松本の美ヶ原、ビーナスラインを抜けて茅野まで走りました。

一日目

13時に大町駅で合流するために、信大勢は9時班に松本キャンパスを出発しました。

道中はあいにくの曇りから雨。。。名大に北アルプスの銀嶺を見て欲しかったが叶いそうになくなってきて落ち込んだ。

しかし、大町駅に着く頃には雨も上がり路面も乾いてきた。大町駅に着くとちょうどUCCが輪行解除していた。

お互いに軽い挨拶をし合流した。

駅近くのデリシアで昼飯の買い出しを済ませ、まずは木崎湖へ!

木崎湖の湖畔で優雅に昼飯を食べているなか、信州大学の一部部員が湖に飛び込むなどしNUCCを驚かせた。

image1

これにはNUCCも驚くだろうとおもったが「SUCCは噂通りだ。。。」と言われた。

そんな噂が広まっていたのは誇らしくもあり、ちょっと心外であった。

集合写真をとり、中山高原キャンプ場へ。

image2

中山高原ではこの時期に野原一面の菜の花が見られると聞いていたが、予想以上の光景で皆驚いていた。

image4 image5 image3

中山高原からはアルプス安曇野センチュリーライドのコースを参考にし帰った。道中、事故が発生しNUCC1名のチャリが再起不能・SUCC1名が緊急搬送になるなどのトラブルがあったが、21時には全員松本キャンパスには着くことができ裏メインの祝杯をすることができた。飲み会はとっても盛り上がりました!皆さんお疲れ様

二日目

二日目のコースは美ヶ原をこえて漁礁カオスへ。

朝、一部グロッキーな部員を横目に皆着々と準備をし出発。プランナーの私は昨日の事故のため車を出すことになった。

とりあえず美鈴湖まで、皆さん上り坂大変そうでしたね(他人事)

image8 image6 image7

その後、私と二日酔いのNUCCは車で漁礁カオスまで先に向かい、チェックイン等をすませ一行を待つことに、

image9

しかし予想してた時刻になっても一行は来ない、互いに電波が届かないので連絡がつかず。。。

待っても待っても来ないので、ロッジの前で2人は語り合ったり、寝たり、焚き火したり・・・

5時過ぎ頃、叫び声とともに一行が降りてきた。

私が迎えに行くなり「プランナーこ○す!!」「あんなの道じゃねえ!!」とひどい言葉を食らった。

どうやら美ヶ原の頂上から漁礁カオスへの道は文字通りカオスだったらしい。

ご覧あれ

image10

image11image12普通に登山道でしたね・・・笑

ここら辺のルート作るとき「まあイケるっしょ笑。一昨年も行ってたし」ってな感じでした。

どうやら一行は一昨年使ったルートではないルートを行ってしまったようでした。

何はともあれ全員無事到着したので良かったです。

今晩の宿は屋根と壁がある!さらに布団!またまた調理器具!極めつきは風呂がある!!

皆苦労した甲斐があったね。

2つのロッジを各大学で使用し、夕飯の準備。

夕飯は各大学がそれぞれにつくり、出し合う形にした。

NUCCが作ったのはキムチ鍋。対してSUCCが作ったのは・・・カレー???

image14

このカレーにはバナナやグミ、春雨、餃子に加え信州名物の“野沢菜”や“イナゴ”が入っている。“イナゴ!!!!!”

image15

闇カレーの味はともかく楽しい晩餐になりました!

夕飯後は多くの部員がヒルクライム&登山道で疲れたようで早々と寝てしまった。

3日目

3日目のメインはビーナスライン!

二日連続のヒルクライムになるがビーナスラインの景色は素晴らしいので皆には頑張ってもらいたいところ。

朝は早々と片付けと支度をすませ漁礁カオスを後にする。楽しかったよ漁礁カオス。

最初から上り坂!

道中の茶屋ではSUCCが財布にされた。

image19 image16 image18

 

image22image23ビーナスラインの中盤。霧の駅で休憩。またもSUCC財布にされる。。。

image26 image25image28image29

霧の駅からはあと少し!とおだてて登らせる。

今日は天気が良くて景色最高!みんな登る顔が笑っている。

image32 image31image34

例の最終ポイントで記念撮影。これにてランはほぼ終わり。あとは茅野駅に降りるだけ。

茅野駅で名残惜しい別れをし解散。

とてもとても楽しいランになりました。登り多くてごめんね。SUCCついてきてくれてありがとう!遠くからわざわざありがとうNUCC!

(文:高月、写真:高月、船津○、りかち、中江、NUCC宮里)

Post navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です